トップページ > NVIDIA 3DVision

FF14は公式に立体3D対応しているゲーム?

FF14が公式に3D対応するかどうかの議論は、正式サービス開始前から盛んに行われ、ネット上には上記の怪しげなインタビュー動画が流れて波紋を呼びました。

スクエニ側からは、「今回参考出展している3Dサラウンド版(3画面)は、nVidiaさんに協力していただいて、試しに作ってみたものです。」とのコメントでしたが、果たしてFF14は立体3Dで遊ぶ事は出来るのでしょうか?

実はNVIDIAの3DVisionを使う事で、FF14は誰でも手軽に立体3D映像でのゲームプレイを楽しむ事が出来ます!

3D VisionとFF14の公式推奨環境の両方を満たす必要がある!

FF14はとにかくハイスペックなPCが必要なオンラインゲームですが、3D Visionにも動作環境が定められているので、FF14と3D Visionの両方の動作環境を満たす必要があります。

といっても、FF14の推奨認定PCを使っていれば、3D Visionの動作環境は満たしている場合がほとんどです。

「CPUがWindows Vistaまたは7」「グラボがGeForce系」の条件を満たしたFF推奨認定PCであれば、3D Visionは正常に動作します。

3D VisionとFF14の両方を満たす推奨動作スペック

公式推奨スペック 3D Visionに必要なスペック
OS Windows 7 32bit/64bit Windows Vistaまたは7
CPU IntelR Core i7 2.66GHz以上 Core2 Duoまたは Athlon X2以上のCPU
メインメモリ 4GB以上 -
ハードディスクドライブ空き容量 インストール:空き容量 15GB以上
ダウンロード:マイドキュメントのあるドライブの空き容量6GB以上
-
グラフィックカード NVIDIAR GeForceR GTX 460以上(VRAM 768MB以上) GeForce系 8800 GT 以上
サウンドカード DirectSoundR 互換サウンドカード(DirectXR 9.0c以上) -
通信環境 ブロードバンド以上(常時接続必須) -
ディスプレイ 1280×720以上 32bit 3D Vision対応ディスプレイ(120Hz入出力が可能なもの)
3D Visionキット(GV-701-3DVRJ)
通信環境 ブロードバンド以上(常時接続必須) -
DirectXR DirectX 9.0c -